「育児における、もっとも大切なポイントは何ですか?」と聞かれたら、私は、迷わず、次の3つのポイントを挙げます。 1.認めること 2.信じること 3.受け入れること ママが、この3つを満たしてあげれば、間違いなく、お子さんのココロは健康そのもの、そう言い切れるくらい大切なポイントです。

1.認めること

どんなに小さくても、子どもは、1人の立派な人間です。 子どもは、「ママに認められたい」気持ちでいっぱいです。 だから、「子どもだから」という気持ちで接するのではなく、1人の人間として尊重し、認めてあげることが大切です。 この子にはこの子の意見がある、見方がある、考えがある、そう思うと、お子さんの行動が、より理解しやすくなります。 お子さんの意見を尊重した態度で接してあげることで、「ママに認めてもらった!」がアップ! お子さんにとって、何よりのモチベーションアップにつながります。  

2.信じること

子どもを伸ばすには、極力、手を出さない、これに限ります。 「どうせ、できないから」と思わずに、「きっとできる」と信じて、見守ることがポイントです。 子どもは、失敗して間違いをして、成長していきます。転ばなければ、立ち上がることを学べないのです。可 愛い子だからこそ、守りに入らない、そんな育児スタイルが、子どもを伸ばします。子どもが「自分力」をつけるためには、経験が必要です。 ママがやるべきは、温かい目で見守ること。「あなたなら大丈夫」と信じてあげましょう。  

3. 受け入れること

だれだって、長所短所があります。でも、短所だって、見方によっては長所になります。 「自分を大好き」と言える子は、自分をまるごと受け入れられる子です。 自分の苦手なこと、得意ではないことも、自分の一部として認めてあげないと、それが、いずれコンプレックスとなってしまいます。 ママの姿勢として大切なのは、お子さんを丸ごと愛してあげることです。 良い所だけは好きだけど、悪い所はキライ、そんな態度で接すると、 子どもも、自分のことをそういう目で見るようになってしまいます。 ママが、子どもを丸ごと愛することで、その子は、自分を素直に受け入れられるようになります。     子どもを、「認める」「信じる」「受け入れる」 ママがそう接することで、その子のココロはすくすくと成長していきます。そして、ママにも同じ方程式が当てはまります。ママが、自分自身を、「認める」「信じる」「受け入れる」ことで、自信と余裕が出てきて、ストレスも格段に減ってきます。ぜひ、この3原則を意識して、お子さん、自分自身と向き合ってみてください。